Visit Our Global Site

茨城県東海村の日本原子力研究所敷地内に建設された大強度陽子加速器施設 (J-PARC)は、海岸に隣接した、地下水位の高い砂礫滞水層に構築するトンネル内に精密機械を多数設置する施設です。完成して加速器を運転開始した後に浸水があれば、放射能の影響を受けるため、通常のトンネルのようにポンプ排水による対応が出来ません。このため、建設にあたっては、覆工コンクリートの防水性確保が求められ、開削トンネルの底盤を含む外周部4面にザイペックスケミカルコーポレーション社の防水材が塗布吹付されました。工事終了後にコンクリート防水の確認試験が行われ、ザイペックスの防水性能が極めて優れていることが実証されました。

流通販売業者

メールを送る
  • Xypex Project

    日本大強度陽子加速器施設内トンネル

    茨城県東海村 ザイペックスケミカルコーポレーショ社製コンセントレートが、均しコンクリート面に使用されました。また、ザイペックスケミカルコーポレーショ社製ドライパックが、縦横の打継ぎ部に使用されました。60トンに及ぶザイペックスケミカルコーポレーショ社製コンセントレートが、外壁と天端スラブに吹付されました。施工面積は5万平方メートルに及びました。
  • Xypex Project

    木更津中間処理施設

    千葉県木更津市 この施設は、京葉鈴木グループの所有する7つ目の産業廃棄物中間処理施設です。ここでは、建設現場から出た汚泥が処理され、建築材料へと再資源化されています。汚泥の受入れタンクと処理用貯蔵タンクの双方とも、ザイペックスケミカルコーポレーション社製のアドミクスC-1000を用いて防水処理がなされています。
  • Xypex Project

    青森ベイブリッジ

    青森県青森市 幅25メートル長さ1219メートルの青森ベイブリッジは、海上に位置しているため、プレキャスト製のコンクリート主桁が塩害の影響を受けます。そこで、ザイペックスケミカルコーポレーション社製品が主桁の底板および底板の上部表面に塗布されました。その結果、半永久的な防水性を有するコンクリート構造物となり、自然の猛威に影響されることがなくなりました。
  • Xypex Project

    飯田ダム

    茨城県笠間市 茨城県にあるこのダムでは、下流面の施工継ぎ目から水が浸透するのを防止するために、ザイペックスケミカルコーポレーション社の製品が使われました。写真は、ザイペックスケミカルコーポレーション社製品を施工中のダムの表面をとらえたものです。このプロジェクトは1991年に完了しました。